toggle
佐賀県伊万里市のやさしい歯医者さん浦上歯科医院です【公式】ページ

34)顎関節症

アゴ・カックン病が増えています。
(顎関節症といいます。)

口を開閉する時、左右どちらかのアゴ、又は両方のアゴの関節が
引っかかったような感じがしたり、カクンとしたりして動かしにくい状態を
顎関節症といいます。

なぜ!?
原因の多くは頬づえや左右どちらか一方でばかり食べている事です。
軽症なら、頬づえをやめたり、いつも食べる側と反対側で食べる事を
注意して生活すれば自然と良くなる事が多いですが、
重症(ひどい痛みを伴う)なら治す装置をつけないと治りません。
※軽症なら1ヶ月位、重症なら数ヶ月位はかかると思って下さい。


浅学歯いしゃの役にたつかどうかわからない話